‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

謹賀新年

2019/01/01

image

平成31年、元号の切り替わりを控えた年の幕開け、様々な場面でこれから始まる新しい事柄に期待を抱く中、皆様健やかに新年を迎えられたことと存じます。
本年も皆様にとって、音楽が日常生活に彩りを添えてくれますよう、地道に取り組んでまいります。
本年が皆様にとって充実した輝かしい年になりますよう、お祈り申し上げます。

バッハのいろは

2017/10/17

昨日は、ピアノハープ社にて赤松林太郎先生の「バッハのいろは」セミナーが開催され、役立つ話題が数多く、収穫の多いセミナーとなりました。

主にインベンションにフォーカスして、1つのテーマ(モチーフ)を徹底的に反復させ、その素材を活かしたコンパクトな曲のつくりを理解し、分析・演奏に役立てるには充分な内容で、毎回赤松先生の知識の多さに脱帽です。

インベンションの目的として、

・声部の弾き分け
・旋律を美しく歌う
・作曲法(対位法のルール)を学ぶ

これらが凝縮され、ピアノを学ぶ上では重要なテキストとし位置付けられています。
トリル一つにしても、奏法のみを指導してしまいがちですが、そもそもトリルとは音楽を立体的にする装飾であり、不協和音を伴う刺激的な要素でもあり、そのセンスを養うことにも意義があり、幅広い観点から指導することで最終的な音楽的要素を身につけられるよう導いていきたいと感じました。

また、音程についても常に意識しておきたい点で、

密集(テノールからソプラノが1オクターブ内に配置された和声)ー緊張
乖離(かいり:同様に1オクターブを超えるもの)ー解放

を表すということを感じながら、和声・対位法も分かりやすく噛み砕いた表現で伝えていきたいと感じました。

このバッハの厳格さを、丁寧に根気よく、長期的に教えることで、その習得が一朝一夕では身につかない「物事を捉える基礎」となることに、ピアノ指導の意義があると感じます。

その都度新しい気づきや発見がある赤松先生のセミナー、大変興味深く、次回もまた楽しみにしています♪
企画いただいた先生方、ピアノハープ社の皆様に感謝いたします。

地震によるレッスン休講のお知らせ

2016/04/15

昨夜の地震により、お亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、被害にあわれた方の1日も早い回復と復興を祈ります。

まだ余震が続く状態ですので、本日15日(金)〜17日(日)のレッスンを休講とさせていただき、後日振替レッスンをさせていただきます。
18日(月)以降は状況をみて再開予定ですが、引き続きこちらのホームページでもお知らせさせていただきます。

皆様のご無事をお祈りいたします。

謹賀新年

2016/01/01

image

明けましておめでとうございます。

皆様のおかげで無事に新年を迎えることができました。

本年は教室開講5周年となります。

更なる満足度向上に努め、精進してまいります。

本年も皆様にとって素晴らしい年になりますよう、お祈り申し上げます。

謹賀新年

2014/01/02

明けましておめでとうございます。
本年も皆様にとって更に素晴らしい年となるようお祈り申し上げます。

 

本年も、ご満足いただけるレッスン及びイベントに精進してまいります。
何卒よろしくお願い申し上げます。

謹んでお見舞い申し上げます

2012/07/13

昨日の大豪雨により、お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々、また関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

同じ熊本県でありながら、何も出来ない自分に苛立ちを感じながら、自然災害の恐ろしさを改めて実感しました。

行方不明の方の早急な救出と、一日も早い復興をお祈りいたします。