マティアス・キルシュネライト ピアノリサイタル

昨夜、嘉島町民会館ホールにて、ドイツ人ハンブルク在住ピアニスト Matthias Kirschnereit氏のリサイタル及びマスタークラスが開催されました。
マスタークラスでは、シューベルトとブラームスの楽曲を、分かりやすい例えで情熱的に、しかし終始穏やかな雰囲気の中、楽曲や演奏に対する深い知識と要点を伝えてくださいました。

image

リサイタルでは、モーツァルト、ドビュッシー、ショパン、ラフマニノフ、ヒナステラと多彩なプログラムで、キルシュネライト氏のスケールの大きな演奏と、対照的なドビュッシーの繊細で透明感のある音を、スタインウェイの響きで存分に味わうことができ、実に身体に響く演奏でした。

年間60回もコンサートを行っているというキルシュネライト氏の正確かつ丁寧で伝統に厳格な演奏、とても素敵な時間でした。
また次回を楽しみに、ピアノに向かいたいと思います!

コメントをどうぞ

*